相談支援事業

障がいに関わらず、個人が持つストレングスに焦点を当て、それを十分に発揮できるように計画を立てています。
そのためにはご本人の希望や夢を丁寧に聞き取りご家族の思いもくみとりながらの面談を重ねます。
またさまざまな社会資源からご本人に合ったものを提案させていただきます。
具体的には次の2つの事業があります。

特定相談支援事業

 さまざまな障害福祉サービスを利用するには、サービス等利用計画を作成する必要があります。ご本人やご家族が十分に納得できるような計画をたて、その後定期的に見直し(モニタリング)をします。
 地域で自立した生活をめざし、日々生き生きと送ることができるよう個々のニーズに寄り添った相談支援をモットーとしています。

障害児相談支援事業

 ご家族の不安や悩みを丁寧に聞き取り、お子様の特性を考慮しながら相談支援を行います。
 保育所や学校への訪問も行い、より適切な支援をめざします。