日中一時支援

日中一時支援事業

日中一時支援事業

八尾市日中一時支援事業を開始いたしました。日中一時支援事業は、障害福祉サービスとご家庭のニーズとの隙間を埋めるための日中活動に限定したサービスとなります。風の会では見守りを目的とするのではなく、このサービスを通して住民・地域との交流の機会を増やす事により、地域での自立した生活の実現を目指していきたいと考えております。

日中一時支援とは

日中において一時的に預かり、見守り等の支援を行うことにより、障害者の活動の場の確保やその家族の就労支援、介護負担の軽減等を図ることを目的とした事業です。風の会ではお仕事等の理由で帰宅が遅くなり留守になる場合、15:00~18:00までの平日と土日等の休日9:30~15:30までの延長支援として日中一時支援を実施しています。

施設内活動

IMG_0929~photo
IMG_1302~photo

各々がDVDを見たり、ゲームをしたりして自分の「好きなこと、やりたいこと」を、積極的に楽しんでいただけるサービスの提供をおこなっています。また工作や創作等のアイテムを提供することで喜びを感じながら、仲間と一緒に食事をしたり楽しく過ごしていただける環境の場を提供しています。

社会体験活動

IMG_1016~photoIMG_1185~photo

日常生活に新しい発見や楽しみを取り入れて頂くことができるよう社会体験活動に取り組んでいます。ショッピングセンターでの買い物を楽しんだり、公共施設の見学をしたりイベント、コンサートに行ったり、地域の皆さんとの交流を深める良い機会にもなっています。

スポーツ体験

IMG_0927~photo
IMG_0674~photo

月1,2回程度近隣公園でドッチボールをしたり、体育館等で障害者スポーツ(ボッチャ、カローリング)などをして体を動かしています。大会等にも参加してモチベーションをあげることで、楽しみをより一層感じてもらえるように心がけています。また散歩がてらのウオーキングも実施しており、体力の向上にも役立てております。